会  則  等

1.川口市TBG協会会則

 川口市ターゲット・バードゴルフ協会会則

(名 称)
第 1条 本会は、川口市ターゲット・バードゴルフ協会(以下「川口市TBG協   会」と略す)と称し、事務局を会長の定めるところに置く。
(目 的)
第 2条 本会は、川口市のターゲット・バードゴルフを奨励振興して、その発展   を図り会員並びに関係者の健康維持増進と相互親睦を深めることを目的とす   る。
(事 業)
第 3条 本会は、前条の目的を達するために、次の事業を行うことができる。
 (1) 講習会・研修会を通して職場・地域に普及を図ること。
 (2) 各種大会を開催すること。
 (3) 会員相互の親睦会を開催すること。
 (4) その他本会の目的に必要な事項。
(会 員)
第 4条 本会は、本会の目的に賛同する人々で組織する。
 (1) クラブ単位の会員
 (2) 事業所単位の会員
  * 本会に入会を希望する人は、(1)(2)とも5名以上で登録申請書に登    録料を添えて申請を行い、常任理事会の承認を得るものとする。
  * 市町村に協会・連盟等が確立している場合は、本会に入会することはでき
   ない。
(役員及び定数)
第 5条 本会に次の役員を置くことができる。ただし、役員は本会の会員に限る。   会  長   1名    常任理事   若干名
   会長代行   1名    理  事   若干名
   副会長   若干名    事務局      2名 
   理事長    1名    会  計    2名
   副理事長  若干名    監  事    2名
(役員の選任)
第6条 会長(会長代行)及び副会長は、常任理事会で選出し、総会の承認を得る。
    但し、会長(会長代行)は、理事会で出席理事の過半数の承認を得なけれ   ばならない。
 2 会長が公職にある場合は、会長代行を選出する。
 3 理事長、副理事長及び常任理事は、理事会で互選する。常任理事は、会員か  ら選出することができ、理事会で承認を得る。ただし、常任理事以上の役員が  出ている場合、理事を兼務することができる。
 4 理事は、各団体の会員15名以下は1名、16名以上は2名選出する。
 5 監事は、常任理事会の議を経て総会で承認を得る。
 6 事務局及び会計は、常任理事会の議を経て会長が委嘱する。
(役員の職務)
第 7条 役員の職務は次の通りとする。
 (1)会長は、本会を代表し会務を統括する。ただし、前条第2項により会長代   行が選出されたときは、当該会長代行は、会長の職務を代行する。
 (2)副会長は、会長を補佐し、会長(会長代行)に事故あるときはその職務を代   行する。
 (3)理事長は、常任理事会及び理事会を代表して会務を遂行する。
 (4)副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故あるときはその職務を
    代行する。
 (5)常任理事は、常任理事会を組織し、理事長を補佐し常務を処理する。
 (6)理事は、理事会を組織し、本会の重要事項を審議し、執行する。
 (7)監事は、会計及び事業の執行状況を監査し、総会に報告する。
 (8)事務局及び会計は、各々本会の庶務及び経理事務に従事する。
(役員の任期)
第 8条 役員の任期は、2年とし、再任は妨げない。
 2 会長が公職にある場合は、再任を妨げない。
 3 補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
(役 員)
第 9条 本会は、名誉会長、名誉顧問、相談役及び特命理事を置くことができる。
 2 前項は、常任理事会で推薦し、理事会で承認する。
 3 特命理事は、会長の招集に応じて会議に出席し、コースの運営上の問題に関  して意見を述べることができる。
(会 議)
第10条 本会のすべての会議は、定員の2分の1以上の出席がなければ成立しな   い。
   但し、会議に出席できないときは書面にかえることができる。
 2 本会のすべての会議は、出席者の過半数をもって決し、賛否同数の場合は議  長の決するところによる。
(総 会)
第11条 総会は、役員をもって構成し会長が召集して次の事項を決議する。
 (1)事業計画及び予算に関すること。
 (2)事業及び決算に関すること。
 (3)役員に関すること。
 (4)規約に関すること。
 (5)その他の重要事項。
(常任理事会)
第12条 常任理事会は、会長(会長代行)、副会長、理事長、副理事長、常任理事、  事務局及び会計で構成する。
 2 常任理事会は、総会の決議に基づいて常務を執行する。
 3 常任理事会は、必要により理事長が召集する。
(理事会)
第13条 理事会は、会長(会長代行)、副会長、理事長、副理事長、常任理事、理  事、事務局、会計及び監事で構成する。
 2 理事会は、必要により理事長が召集する。
 3 理事会は、本会の執行機関とし、総会の決議に基づいて、業務を円滑に執行
  する。
(専門委員会)
第14条 本会の業務を遂行するために、必要に応じて専門委員会を設置すること
  ができる。
 2 専門委員会の内規は、理事会で定める。
(事務局)
第15条 本会に事務局を置く。
 2 事務局に関する事項は、理事会で定める。
(会費及び会計)
第16条 本会の会費は、次の通りとする。
 (1)1団体につき5,000円
 (2) 会員1名につき600円(埼玉県TBG協会の登録費を含む。)
 2 本会の経費は、会費、補助金、事業収入及びその他の収入をもって充てる。
 3 本会の会計年度は、毎年4月1日に始まり翌年3月31日に終わる。


 (附 則)
この会則は、昭和60年4月1日から施行する。

 (改 正)
( 1) 昭和63年 5月 1日
( 2) 平成 元年 4月30日
( 3) 平成 2年 4月22日
( 4) 平成 4年 4月26日
( 5) 平成 9年 4月12日
( 6) 平成11年 4月17日
( 7) 平成12年 4月12日
( 8) 平成14年 4月13日
( 9) 平成18年 3月26日
(10) 平成22年 3月20日
(11) 平成24年 3月17日
(12) 平成25年 3月16日
(13) 平成28年 3月12日

2.全日本TBG協会競技規則  (工事中)


【第 1章】  コース

第 1条 コースは常設コースまたは、仮設コースとする。

  常設コース
ホール数 9ホール又は、18ホールを基準とする。
ホール距離
 パー 72





 パー 54



           
                                ① パー 3  (ショートホール)     4ホール               20m~45m未満               ② パー 4  (ミドルホール)    10ホール               45m~70m未満               ③ パー 5  (ロングホール)     4ホール               70m~90m                  ① パー 2  (ショートホール)    4ホール               15m~30m未満               ② パー 3  (ミドルホール)    10ホール               30m~50m未満               ③ パー 4  (ロングホール)     4ホール               50m~70m
パー総数 9ホールのパー総数は36とし、その内訳はパー3が2、パー4が5、パー5が2とする。                       大会は通常18ホールを基準とし、パー72が望ましい。
ティグランド 台地状(3m四方)もしくは、周りのフェアウェイと区画線、柵等ではっきりと区別をし、ティマークを設置する。
フェアウェイ 幅は6m以内とし、芝が望ましい。
境界線 コースは溝の中に砂を入れて区分するか、煉瓦で区分するか、ロープを用いて明確に区分する。
バンカー・ウォーターハザード 9ホールに付きいずれか2種類以上設置することが望ましい。
標識 危険防止のための注意書き及び距離の表示等、プレーに必要な標示をする。
仮設コース 常設コースに準ずる。

 

【第 2章】  用具

第 2条 ボール

 ボールはゴルフボール(球部)のようなものに、バドミントンに似た羽根がついたものをボールとする。合成樹脂で、ボールと羽根のジョイントには、ビスを用いる。全長105mm、ボールの直径40mm羽根の直径65mm、重量30mm以下とする。羽根は飛距離を抑える働きをし、羽についたひれは、方向性の安定と転がりを抑制している。ルールにおいてはボールの特殊性により、球部と羽根の部分を区別する。

第 3条  クラブ

 クラブは公認のTBGクラブ、または一般ゴルフ用クラブP,PW1本のみを用いる。大会主催者は必ず改造クラブの有無のチェックを大会直前に行い改造クラブの使用は危険防止のため禁止とする。

第 4条  ショットマット

 1 ショットマットを使用するが、毛足の長さは一定で2cm以下でなければな  らない。競技会に於いてはTBG専用マットを使用しなければならない

 2 ショットマットを使用する時は、地面に平らに置かなければならない。又、  マットの裏側を使用してはならない。人工芝の場合は置き方については大会主  催者に従う事とする。 

 3 ショットマットを改造してはならない。(曲げたり、取っ手をつけたり、裏  面に貼物をしてはならない)

 4 ストッパーは常時つけたままでもよいが、大会主催者の意向に従う事。

 5 ストッパー使用の場合、マットにボールが接地しなければならない。

第 5条  ホール

 上部のホールをアドバンテージホール、下部のホールをセカンドホールと呼ぶ。アドバンテージホールは、パラソル(傘)を逆さに建てた形で、ステンレス枠にネットを張った固定式と、傘のように折りたためる携帯形があり、直径は110cmとする。セカンドホールは合成樹脂製の輪で直径は86cmとする。

 アドバンテージホールはステンレス枠にネットを張った物で、差し込み棒の先端を地面に打ち込んで使用する。地面に打ち込めない場合は、自立式のホールの台座を使用する。

 傾斜地では、地面よりアドバンテージホールのネットの底部から20cm、平坦地ではアドバンテージホールのステンレス枠の所から地面までを50cmとし、水平にする。

 

 競技者は、アドバンテージホール及び、セカンドホールに故意に触れてはならない。(ショットした時にクラブがホールに触れた場合は、故意とは認めない)固定式のアドバンテージホールが望ましい。

【第 3章】  競技方法

第 6条  人数

 通常4人一組で競技する。

第 7条  競技の種類

 1 ストロークプレー

  ① スクラッチ競技・・・・・・グロススコアで順位を決める競技

  ② ハンディっキャップ競技・・グロススコアからハンディキャップを引いた                 スコアで順位を決める競技

 2 マッチプレー

  ① 各ホールごとに勝敗を決める

  ② ハンディキャップを導入する事もある

 3 ツーボールフォアサム

   二人が組みになり他の二人組と対抗する競技で、各サイドが1個のボールを   交互にプレーする。ティショットは1ホールごとに組んだプレーヤーと交代   して打つ。

 4 フォアボール

   2人対2人が各自のボールでプレーして対抗し、各サイドのベストスコアに   よって勝敗を競う。

第 8条  進め方

 1 スターティングホールのティショット(第1打)はくじ引き、じゃんけん、  コインのトス等によって順番を決める。

 2 ボールがインプレーの時は、原則としてホールから最も遠いボールから先に  打たなければならない(遠球先打)

 3 2ホール以降のティショットの順番は、前のホールで最もスコアの少ないプ  レーヤーからプレーし、以下順番にプレーをする。もし、前のホールで2人以  上のプレーヤーが同じスコアであった場合は、前のホールのティショットの順  番に従う。

 4 プレーヤーが、プレーの順番をうっかり間違えてプレーをしても罰はなく、  ボールが止まっているところから次のプレーをする。

 5 アンプレアブルについては、原則ローカルルールに従う。

【第 4章】  競技規則

第 9条  ストローク

 1 ボールを正しく打ち、またボールを打つ意思でクラブを前方に動かす事を、  ストロークという。つまりボールを打つ意思でクラブを振れば空振りであって  も1ストロークと数える。但し、クラブヘッドがボールに触れる前に何らかの  理由で、スウィングを中止したときは、ストロークを行わなかったとみなす。

 2 ボールはクラブヘッドで正しく打たなければならない。押し上げたり、かき  寄せたり、あるいはすくい上げてはならない。以上の反則があった時、そのス  トロークが1打、そして2打罰が与えられ、合計3打として数える。

第10条  ホールイン 

 1 ホールインとは、羽根を除く球部で決まる。

 2 ホールインの判定はボールの球部を真上から見下ろして行う。

 3 アドバンテージホールは、ステンレスの枠内にボールが入るか、ステンレス  製の枠に球部が真上から見て、輪の上に球部の一部分が重なっていればインと  する。

 4 セカンドホールは、球部を真上から見て、輪の上に球部の一部分が重なって  いればインとみなすが、ストローク数に1打プラスとする。

 5 アドバンテージホールの判定と処理

  (1)旗あるいは旗竿に引っ掛かっていればホールインとする。    A

  (2)ボールがアドバンテージホールの外側に引っ掛かった時、球部がアドバ    ンテージホール外で羽根がアドバンテージホールの内側に引っ掛かったと    き、1打プラスしてセカンドホールに入った事とする。

 

第11条  アウトオブバウンズ

 1 アウト・オブ・バウンズ(OB)とは、プレーが禁止されている区域の事を  いう。

 2 OBの境界線は、常設コースの場合、溝、煉瓦・ロープで表示し、仮設コー  スの場合は、ロープで標示する。

 3 溝または煉瓦部分に球部が真上から見て少しでも重なっている場合及び、ロ  ープにボールの真上から見て少しでも重なっていればインとする。

 4 ホールエリアでのOBについては、すべてホールエリアマークの外側から打  ち直す(ホールエリアとアドバンテージホールの距離は5mが望ましい)

 5 ホールエリア内でボールが、OBラインに重なっている場合、プレースによ  りボールの球部がOBラインの外になるときは、ボールを持ち上げて、ショッ  トマットをボールの下に差し込みボールを移動する事なく打つことが出来る。  この場合、必ずしも、ショットマットの先端にボールを合わせなくても良い。

 6 打ったボールが風等で判定が難しい場合、同伴者と一緒にその場へ行き確認  することが出来る。同伴者がインと認めた時は、その後風や何らかの理由でボ  ールが動き、コースの外に出てもインとする。

 7 ボールの球部がOBラインの真上から見て少しでも重なっていればインと見  なす。

 

第12条  ボールがOBになった時の処置

 1 コンパス方式

   ボールがOBになった場合1打罰してホールに近寄らないコース内地点に戻   し、次のストロークを行う。結果として、ホールを中心とした円周上のコー   ス内地点に戻す事になる。

 2 ドッグレッグ

   コースが極端なドッグレッグをしている場合は、コースの状況を考慮して、   ローカルルールを定めて競技する事が望ましい。

 3 ボールがプレーできないハザードに入った場合、手前に戻って1打罰して次  のプレーを行う。(但しバンカーはこの適用は受けない)

 4 池のロープに球部が重なっている場合は、池に入ったとみなす。

 5 池の中に足を入れて打ってもよい。

 

第13条  バンカー

 1 バンカー内では、ショットマットは使用できない。

 2 バンカー内でクラブを砂に故意に接触させないこと。(罰打なし)

 3 バンカー内のボールの向きを変える場合は、球部を中心にして羽根の向きの  みを変える。

 

第14条  プレース

  プレースとはボールを拾い上げて別の地点に置く事をいい、既定の方法に従え  ば罰打はない。また、動物等により、ボールが持ち去られるなどした場合、そ  のボールがあった地点に別のボールを置く事が出来、これもプレースという。  下記の方法に従えば、自由にプレースすることが出来る。この時羽根の向きを  変えてプレースしてもよい。

 1 打つ方向に向けてボールの真後ろに、しかもショットマットの先端中央部に  球部を合わせボールに接するようにショットマットを置く。

 2 ボールを拾い上げて、ストロークが終わるまでに、ショットマットは向きの  修正以外前後に移動させる事は出来ない。

 3 ショットマットの先端中央部にボールを置く。

第15条  リプレース(マーカー使用)

  リプレースとは、拾い上げた、又は動かされたボールをもとの地点に戻してお  く事をいう。ボールを識別するため、あるいは他のプレーヤーの妨げとなる等  の理由で、リプレースすべきボールを拾い上げる時、マーカーを使ってマーク  しなければならない。但し、ボールを置く時は、同伴競技者の同意を得て元の  位置に戻す事とする。

 マーカーの位置とショットマットの置き方

 

  * ショットマットの先端中央部に球部を合わせる。

第16条  ホールアウト

 1 アドバンテージホール及びセカンドホールにプレーヤー全員がボールを入れ  た事をホールアウトという。

 2 プレーヤーはホールアウト後、速やかにボールを拾い上げて、ホールエリア  から離れなくてはならない。

第17条  誤球

 1 誤球したプレーヤーは1打罰で元に戻って打たなければならない。ホールア  ウト(2打以上打っている場合)していなければ誤球した地点(付近)に戻る。

 2 誤球のままホールアウトした場合は、誤球したプレーヤー、誤球されたプレ  ーヤーも打った数に2打罰して、次のホールに進む事が出来る。

第18条  誤記

  提出されたスコアの誤記は、プレーヤーのみ失格とする。

第19条  ティショットの位置

 1 スタート時のティショットの位置を途中で変更してはならない。

 2 ティショットの位置の誤りに気が付いた場合は、正規のティショットの位置  まで戻り、打った数に1打罰をしてティショットを行う。

 3 2打目以後にティショットの位置の誤りに気がついた場合は2打罰を加える。

第20条  ホールの間違いに気づいた時は、プレーを止め、元のホールへ戻りプ  レーを再開する事が出来る。その場合罰打なしとする。

【第 5章】  エチケットとマナー

 安全  1 プレーヤーはストロークを行う前に、クラブが当たる可能性がある      所に、人がいない事を確認しなければならない。

     2 プレーヤーは前の組のプレーヤーがボールの届く範囲外に進むまで、      プレーをしてはならない。

     3 プレーヤーは、同伴競技者全員のショットが終わるまで原則として      前に出てはならない。

 心配り 4 プレーヤーがストロークを行う時には、他の者は動いたり、大声で      話してはならない。また、ティグランドにはティショットする者以外      は立ち入らない。

     5 自分を有利にする行為はしない。

     6 バンカー使用後は、必ず砂をならしてから出る事。

 誤球  7 使用するボールに印(マジックのみ)を付けておくとよい。各自の      ボールの色によって確認をしておく。

     8 プレーヤー全員がホールアウト後、ボールを拾い上げる事が出来る。      ボールを拾い上げる時は、自分のボールは自分で拾い上げる事。

 遅延  9 ホールアウト後、ホールエリア内で、プレーヤー同士、スコアの確      認、記入をしてはならない。速やかにホールエリアから離脱すること。

    10 前の組に遅れないように努める事。

    11 ジャッジはセルフジャッジが基本であるが、異議がある時は、同伴      競技者の同意を得るか、大会競技委員長の裁定を仰ぐ。

    12 セカンドホール内のボールがじゃまな場合は同伴競技者の同意を受      けて移動する事が出来る。

 

        競技規則による罰打・失格一覧表

項目 プレー内容
1打罰 1 ティショットの失敗によりボールがティグランドに残ったりフェアウェイに 届かなかった場合、ティショットをやり直す時。
2 ボールがOBになった時。
3 ボールが池及びハザードに入った時(バンカーを除く)
4 誤球したとき(ホールアウトしていない場合)
5 コース内の樹木、植え込み等にボールが引っ掛かったり、植え込み等に入っ てショットができない時。この場合はホールに近づかない場所からコンパス方 式によりプレーする)
6 1打目のティショットの位置を間違えた場合。 
2打罰 1 ボールを押したり、かき寄せたり、掬い上げた時。
2 誤球してホールアウトして時。
3 2打目以降にティショット位置の誤りに気が付いた時。
失格 1 提出したスコアが間違っていた時。(本人のみ)