川口市の見どころ

 このコーナーでは、TBGを楽しまれた後の、ちょっとした時間を割いて寄ってみてはいかがかとお勧めしたい「川口市内の見どころ」をご案内します。もう一つのTBGの楽しみを知ることで、また川口市でTBGを楽しみたいというきっかけにしていただけるとありがたいと思っています。

☆ 聖火台の火が、成人の日に川口に再びともりました

 川口駅東口のキュポラ広場に、1964年の東京オリンピックで使用された聖火台(炬火台)が里帰りしていますが、この聖火台に成人の日(令和2年1月13日)に奥ノ木信夫川口市長をメインに新成人立会いの下、11時に火がともされました。ちなみに、朝日TV、J:com等の報道陣が取材に来ていました。なお、この聖火台は、TBGの多くの愛好者にとっては、心に残っていることと思いますが、キュポラ広場には、引き続き3月まで展示されることになっています。(3月15日には再度の点火が予定されており、その日を機に広場での公開は終了の予定です)

 

☆ あの人も川口市内の神社等へ初詣に出かけるようです

  所在地 特徴
善光寺 舟戸町1-29 本尊は善光寺式と呼ばれる三体の仏像
密蔵院 安行原2008 本尊の地蔵菩薩は平将門が肌身離さず持っていた念持仏、川口七福神のひとつ
金剛寺 安行吉岡1361 市指定史跡(金剛寺経塚)、市指定有形文化財(建造物:金剛寺山門)
地蔵院 鳩ヶ谷桜町5-5-39 富士講先達小谷三志の墓があり、県指定木造不動明王立像がある
川口神社 金山町6-15 川口市の総鎮守、白狐に乗りたる像がご神体
長徳寺 大字芝6303 足利基氏の祈願所、立派な三重塔、本堂や仁王門、観音堂などがある
鎮守氷川神社 青木5-18-48 武蔵國の古社、「冨士塚」、御神木「元気の木」があるなど「小さな大社」
峯が岡八幡神社 大字峯1304 樹齢約600年の大いちょうを初め400余本の樹木、木造僧形八幡坐像が御神体
法性寺 鳩ヶ谷桜町1-11-5 徳川家康より寺領10国のご朱印状を拝領
錫杖寺 本町2-4-37 真言宗智山派の寺院、本堂・屋根瓦・灯篭などに「葵の御紋」がある
元郷氷川神社 元郷1-30-2 主祭神は、素盞嗚尊・市杵島姫命の二柱の神様、子宝(子授け)・子孫繁栄の神様
鳩ヶ谷氷川神社 鳩ヶ谷本町1-6-2 須佐之男命)を祀っている鳩ケ谷の鎮守、縁結び、厄除け、夫婦円満の神様
九重神社 安行原2042 樹齢500年以上のスダジイが2本あり、市の保存樹木に指定
西光院 戸塚2-6-29 武州川口七福神の弁財天や、ぽっくり薬師がまつられている
傑伝寺 東本郷1506 幕府重鎮酒井忠勝を弔うため建立、戒名『空印寺殿傑傳長英大居士』より寺名を
吉祥院 南町2-6-8 武州川口七福神の一つ、大切な宝物を守る仏さま
正眼寺 宮町5-40 武州川口七福神の一つで石亀の背に乗った珍しい廻転七福神がある
朝日氷川神社 朝日1-3-15 乳銀杏とも呼ばれる大銀杏がご神木
前川神社 前川3-49-1 荒振る河川を鎮めるなど災厄を防いだ「勢貴大明神」と申し上げる女神様御神徳
十二所神社 南鳩ヶ谷5-31-1 十二柱の神々の意で、熊野三山を勧請し奉斎することに起源を有する神社
領家稲荷神社 領家2-14-15 領家村稲荷社六社のうちの一社と比定
如意輪観音堂 芝西1-19-7 キリスト教関係のものと見られる本来の仏像とは異なったマリア観音を祭る
妙蔵寺 安行領根岸1809 1358年開山の日蓮宗寺院
東沼神社 座間2-15-45 境内には富士塚が修繕工事され、立派な見沼富士が復元されている
東福寺 戸塚4152 ぼけ封じ関東三十三観音霊場の17番
子日神社 新井宿155 元の新井宿村の鎮守で、足の神様として草履や履き物が掛けられている
興禅院 安行領家401 本堂左の墓地内のスダジイの大木には、元禄年間のお地蔵様が根本に抱えらる
慈林薬師宝厳院 安行慈林954 聖武天皇の勅願によって行基菩薩が薬師堂として創建された古刹
真光寺 里1306 川口市里にある曹洞宗寺院の龍淵山真光寺の縁起と文化財等を所蔵

( 蛇足:あなたの「かみさん」にも手を合わせれば、家内安全が叶いますよ )

☆ 恒例となった川口「たたら祭り」が開催されました

 昨年までは、川口オートレース場をメイン会場にして「たたら祭り」が開催されてきましたが、今年は、SKIPシティをメイン会場として8月31日と9月1日に亘って開催されることになりました。インターネットでもこのニュースは流されています。なおこの決定により、9月1日は川口市TBG協会主催の「体育祭大会」を上青木TBGコースで開催する予定でしたが、当日は駐車場が使用できなくなり、開催コースを新郷TBGコースに変更して開催しました。(念のため、創立記念大会は、上青木TBGコースに変更して開催しました)

 

☆ 川口市立グリーンセンター

 グリーンセンターは、川口市が運営する川口市民の憩いの場となっており、その名が示す通り、四季折々の花やみどりの世界があなたをお迎えしています。年間を通じて各種イベントや園芸教室等も開催されています。

 北スポーツセンターTBG場と上青木TBGコースとのほぼ中央に位置しています。住所は、川口市新井宿700で、問い合わせ先電話番号は048-281-2319です。  www.city.kawaguchi.lg.jp/で検索されると、各種の情報を入手できます。   関東有数の「花と緑のサツキ展」が5月22日から27日に開催されます。80点以上が展示される予定で、今年も内閣総理大臣賞や総務大臣賞が贈られる予定です。   開園時間は、9:00から17:00(入園は16:00まで)休園は火曜日になります。 県道34号線(第二産業道路)沿いにあり、駐車場も近隣に多数あります。   

(一般入場料310円、子供料金、割引制度もあります。) 

 TBG愛好者にとっては、バードセンターに寄って、珍しい「バード」を見れば、スコアも最近ではまれにみる素晴らしいものになる(?)のではないでしょうか。

☆ 旧田中家住宅(国の重要文化財に指定)

 川口市は、平成29年に人口60万人を擁する都市となり、翌平成30年には中核市となりました。少し行けば東京に入る国道122号線沿いには川口文化財センターがありますが、ここでは国の重要文化財の指定を受けている「旧田中家住宅」についてのご紹介をします。この住宅は大正12年に竣工され、本格的な和洋折衷の煉瓦館となっています。迎賓のための建物として建造されたもので、景観の良さを目的に応接間を3階部分に設けています。農家の出であった二代目田中徳兵衛は、麦味噌醸造(昭和40年頃まで)や材木を取り扱う商家として財を成したということです。所在地は川口市末広1-7-2です。入場料は大人200円で、9:30から16:30(入館は16:00)まで開いています(休館日は月曜日)。                         HPアドレス「www.kawaguchi.bunkazai.jp/tanaka/」を開いていただくと、さらに各種の情報をご覧いただけます。一度寄ってみてはいかがでしょうか。